<< 北森鴻、まとめて4冊 | main | こころの処方箋   河合隼雄 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

嫌われ松子の一生  山田宗樹

おもしろかったぁ!通勤の電車で二日間、一気に上下2巻読んでしまった。
美人で頭もいい、手先も器用で飲み込みも早い。どんな仕事をしてもすぐになじんで有能なのに・・・。おしいなぁ。あそこまで男に翻弄されなくてもいいのに。「一途」ととるか「主体性のなさ」ととるか。何か大切なものが欠けている人だな〜と思った。
てんこ * や行 * 08:40 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 08:40 * - * -

コメント

これ、気になっているんだよね。
図書館本じゃなかったら、貸してちょうだい。
Comment by モリヤ @ 2006/10/23 6:15 PM
いいよ!どうやって渡そうかね?

この次に読んだのがモリヤ氏の『グロテスク』奇しくも娼婦モノを続けて読んでしまったぁ〜。頭の中がこんがらがってきそう。

Comment by てんこ @ 2006/10/24 6:43 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ