<< こころの処方箋   河合隼雄 | main | 嫌われ松子の一生   山田宗樹  幻冬舎文庫 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

白夜行   東野圭吾

質屋の描写の辺りで、昔読んだことに気づきました。でも、ラストを忘れていたので読み進みました。おもしろかったよん。
雪穂と亮司はどうやって連絡を取り合って、複雑な計画を練っていたんでしょうね?今みたいに携帯メールでぴぴぴなんてできない時代に…(変な所が気になる)数々の登場人物やドラマから、2人の関係が浮かび上がってくる構成がスゴイおもしろいな〜と思いました。
てんこ * は行 * 23:14 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:14 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ