<< 片想い 東野圭吾 文藝春秋 | main | ダイイング・アイ 東野圭吾 光文社 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

同級生 東野圭吾 祥伝社

学園小説と言うのでしょうか。
いえいえ、確かに登場する人物たちは高校生ですが、
そんな雰囲気ではありません。
東野圭吾なので、やはり事件がおこり
その謎を読み進めていくわけですが、
若い、高校生たちのほろ苦い思いが、なんともいえませんなあ。

私が東野圭吾を読んでいるのを見て、
娘が
「東野圭吾の小説って、泣けるよね」と言いました。
私がせつないなあ、哀しいなあ、と感じていることを
娘も感じているのだろうな、と思います。

また睡眠不足です。ねむねむねむ。
JUGEMテーマ:読書


モリヤ * は行 * 07:54 * comments(0) * trackbacks(2)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 07:54 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

ノルウェイの森 感想

かつてノルウェイの森の映画化の話もあったようでしたが、あれは、なんだったのでしょうかね。

From ノルウェイの森 感想 @ 2009/05/22 10:00 AM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

From - @ 2009/11/26 8:11 AM
このページの先頭へ