<< 同級生 東野圭吾 祥伝社 | main | この世でいちばん大事な「カネ」の話 西原理恵子 理論社 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ダイイング・アイ 東野圭吾 光文社

失われた記憶をとりもどそうとする主人公が、
二年前に自分が起こした交通事故を
もう一度掘り起こしていくお話です。

謎解きはもちろん読んでいてわくわくしますが、
社会性のある問題提起もなされているように思いました。

息子が「容疑者Xの献身」を読み始めました。
「おもしろ〜〜い」と夢中の様子。
中間試験を目前にして
彼は彼なりに葛藤もあるようですが。

息子は私と本の読み方が似ているので、
これで東野圭吾が好きになったら、
しばらく読み続けるのでは・・・と思います。

今までは、夫が読んで、興味のあるものは私も読んで、そのあと古本屋へ。
また、私が読んで(夫は私の読むものに興味をもたないことが多いので)、そのあと古本屋へ。
という流れがあったのですが、
子供たちも読む(かも)という本が増えたので、
ちょっとお得な感じです。

抜粋
ある人間の本質が、それまで外側から見えていた部分からだけでは類推できないことを、彼は彼なりにこれまでの経験で知っていた。

JUGEMテーマ:読書


モリヤ * は行 * 08:20 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 08:20 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

難関資格試験や難関大学受験に合格した英単語記憶法[FUJIMOTO KENKO 藤本式記憶術]藤本憲幸

わずか30分で1000の単語を覚えられ、10倍のスピードで覚えることができるとしたら…あらゆる難関資格試験や難関大学受験に計3万人を合格に導いた記憶術日本一の“藤本式記憶術”の全貌を、今ここで公開します。

From 難関資格試験や難関大学受験に合格した英単語記憶法[FUJIMOTO KENKO 藤本式記憶術]藤本憲幸 @ 2009/05/22 7:04 PM
このページの先頭へ