<< 月の裏側  恩田 陸  幻冬舎文庫 | main | あなたには帰る家がある  山本文緒  集英社文庫 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

群青の夜の羽毛布  山本文緒   幻冬舎文庫

 電車の中でおおよそ一時間、時間をまちがえ早く行き過ぎた息子のお迎え場所で二時間。ちょうど読み終わりました。
 各章の最初にある独白の部分が、誰のものなのか、あれ、あれ、あれ?と思う。読み進めていくうちに見え隠れしてくるものがあり一気に読みました。ミステリーではありません。ミステリーばかり続けて読んだあとって、こういう小説いいなと思う。
モリヤ * や行 * 10:43 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:43 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ